2010年11月15日

FCSAT予約開始のご案内

先日記事にしてから毎日の様に大反響が続いていますForex Combo System特殊設定FCSATについて、「FX自動売買システムトレード研究所」おでんさんより連絡あり販売体制が整ったとの事です。
ついてはFCSATをご購入希望の方はRAHAまでメールにてご連絡下さい。追ってご購入方法等について御連絡申し上げます。


FCSATの概要については以下の通りとなっています。
FX自動売買システムトレード研究所おでんさんに許可をいただき転載させていただきます。)


★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★


■Forex Combo System当研究所オリジナル特殊設定、FCSATについて

Forex Comob Systemは3種のロジックから構成されるEAですが、リスク設定等によっては極端にトレード数が減少する傾向があり、これらを改善する事によって利益向上を狙う事を主題として、当研究所の考えにご賛同いただいたトレーダーの方数名にご協力いただき研究・設定値を模索しました。

利益を向上させるのに一番簡単な方法はMoneyManagement設定を有効にしリスク値を高めることが挙げられますが、ドローダウンを起こした際の損失レベルもリスク値に比例する為、最悪な状況を想定した場合資産の殆どを失いかねません。
そこで当研究所では、リスク値を高めずに資金を有効運用しかつ利益上昇率を高める方法として考案したのがオリジナル特殊設定"FCSAT"です。


まず、FCSATの基本要求事項として下記内容を選定しました。

■リスク設定(Money Management機能)を使用したハイリスク設定にしない。

利益を向上させるのに一番簡単な方法はMoneyManagement設定を有効にしリスク値を高めることが挙げられますが、ドローダウンを起こした際の損失レベルもリスク値に比例する為、最悪な状況を想定した場合資産の殆どを失いかねません。
投資で100%勝ち続けるなどという事はありえません。損失を被る場面を想定する事も重要です。定期的にドローダウンする事があり得るという前提から、いかにドローダウンした際の損失を抑え次のトレードに運用できるかが大事だと考えた結果、リスク値に依存する設定構想は排除しております。


■大きなLotを使用したハイリスク設定にしない。

MoneyManagement設定を有効にしリスク値を高めることと同様に、大きなLot値設定による設定はドローダウンを起こした際の損失レベルが壊滅的損失になりかねません。なおMoneyManagement設定によるハイリスクトレードと比較した場合、Lot値を大きくした設定の方がリスクとしては低くはなりますが、初期投資金額が巨額になりがちで万人の方に適した手法ではなくなる可能性が高くなります。このような事から大きなLot値設定によるリスキーな設定構想は排除しております。


■小額から運用可能な設定にする。

折角の高性能EAも特殊設定も高額な資金を必要とした時点で、運用できる方が限られてしまいます。ある金融機関が行ったアンケート調査によると、最近のFXブームで相場に参加される方が多くなっていますが、初期投資として運用できる金額は5万円〜10万円という方が圧倒的に多く、逆に50万円前後を運用出来る方は非常に少ないデータで出ていました。これはフリーターの方や主婦の方がトレードをされている背景が大きいとの事でしたが、投資金額の大小に関わらず投資はローリスクハイリターンである事が一番良いに決まっています。当研究所では、いかに小額で開始できてかつ大きなリターンを得れるかを追及しました。

FCSAT参考データ
■テスト期間:2010/01/01 〜 2010/10/31
■初期投資額:$500
fcsat2010.gif

FCSATはV1からV4までの4パターンがありますが、運用するパターンによって推奨初期投資額が異なります。しかしながら初期投資額が小額なのが特徴で、$500からの運用パターンを用意しておりハードルが低いのが特徴です。

FCSAT最大の特徴は低リスクにも関わらず大幅な利益上昇率を実現している点です。
デフォルト設定(年間+$2528)と比較した場合、FCSAT V1で230.18%(年間+$6470)、FCSAT V2で366.68%(年間+$10603)、FCSAT V3で455.18%(年間+$13283)、FCSAT V4で516.71%(年間+$15146)という驚異的な上昇率がバックテストから得れています。

★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★


詳細は、おでんさんのブログ「FX自動売買システムトレード研究所」ブログ画面右側に表示されていますTrade-Supporter売買解析Dataからご参照下さい。
FCSATの各設定よりFCSAT V1を参考データとして運用実績がリアルタイム公開されています。

なお、FCSATの設定値・トレード手法など詳細は一切お答えしていません。


posted by RAHA at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FCSAT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。